あんしん・やさしい 株式会社エリス

エリス訪問介護サービスセンター企画
ベトさん、ドクさん、枯葉剤被害者の方々に会いに
ベトナム・ホーチミン視察旅行 2006-9

ラインホーチミンのツーヅー病院へ

2006年9月1日、エリス訪問介護サービスセンターの企画によりベトナム、ホーチミンの病院へ視察のために訪問しました。

この病院は、あのベトナム戦争で米軍が使った「枯葉剤」による被害者が入院している病院です。
結合双生児として日本でも紹介された「ベトちゃんドクちゃん」のベトさんも入院されています。
近く結婚をひかえたドクさんも出迎えてくださいました。

ベトナムでは今でも奇形や様々な障害を持った子供たちが産まれています。
枯葉剤の被害の深刻さを目の当たりにし、とてもショックを受けるとともに、皆さんと交流を持てたことにとても感銘を受けました。

枯葉剤とは

ベトナム戦争で、米軍が密林に大量に散布した除草剤。2‐4‐D(ジクロロフェノキシ酢酸)と2‐4‐5‐T(トリクロロフェノキシ酢酸)との混合物で、ダイオキシンを含み、奇形児や癌(がん)の多発など多くの二次的災害をひき起こしています。


枯葉剤被害者について

ベトナム政府の統計によると、約480万人の枯葉剤被害者がいます。そのうち、障害と奇形の子どもは約50万人です。

枯葉剤被害者には、健康上の問題として、さまざまな癌、肝臓病、精神的疾患、出産時異常などがよく起きています。

看護士の藤保さんが抱いている子供には眼球のあとすらありませんでした。

海外から子供達の世話にボランティアがきていました。

平成18年12月16日に結婚を控えたドクさんは病院職員として元気に働いていました。

一方のベトさんは体の感覚は無くベットの上での生活ではあるが思っていたより元気でした。

とても人なっこく、出会うとすぐ抱いてくれと寄ってきました、この子は水痘症の為歩行が出来ません。

中央にいる子供は頭が半分なく、他の子供達は歩行が困難な子供達ばかりでした。海外のメディアから取材に来ていました。

ベトさんを囲んで主治医の先生と(株)エリス・(有)ハート・ケア・藤保さんと共に。

ドクさんとツーヅー病院の副院長さんと参加者7名と記念写真。

ベトナム・ホーチミン市枯葉剤被害者の会

Hoa Binh Village,Tu Du Hospital

284 Cong Quynh,Dist.1,Ho Chi Minh City,Vietnam

TEL:0084-8-9257203

FAX:0084-8-9257161

スタディツアー概要

主催/企画 : 株式会社エリス

日時/場所 : 平成18年9月1日/ベトナム・ホーチミン

参加者 :エリス訪問介護サービスセンター(主催者) / ハート・ケア介護サービスセンター香川県丸亀市 / ヘルパー養成講座講師

ぶーふーうー たろうくんのおうち しまじろー さくら ももたろうハウス らんたろー しま ゆめ