あんしん・やさしい 株式会社エリス

株式会社エリス企画 タイ・バンコク視察旅行 2011-1-28/29

ライン 「バンラチャワデイ」と「ムラニチ ミタパブソンクロック」

2011年1月28日・29日、(株)エリスの企画によりタイ・バンコクの知的障がい者施設「バンラチャワデイ」および高齢者施設「ムラニチ ミタパブソンクロック」へ視察・ボランティアのために訪問しました。

障がい者施設「バンラチャワデイ」は、7~18才の男女、560人が入所している施設です。
高齢者施設「ムラニチ ミタパブソンクロック」は、女性100人が生活しています。

参加者は、(株)エリス、日本ホームヘルパー協会の香川支部、和歌山支部、三重支部、鹿児島支部のメンバー計13名。

タイ、バンコク市内の国営施設「バンラチャワデイ」。男女7~18才の子供たち560名が生活しています。

この奥の建物に重度の知的障がい者が入所しています。

重度の知的障がい者たちが1つのベットの中に2~3人、ひしめいて寝ていました。

知的障がい者男性の棟、1階にある作業所にて。

すばらしい絵を描いていました。材料はティッシュペーパーときいてビックリ!

昼になり、大勢の子供たちが食堂へ。

食事の風景。

参加者は、ホームヘルパー協会の鹿児島支部、三重支部、和歌山支部、香川支部と、計13名で行きました。昼食をみんなでお金を出し合い、ごちそうしました。

子供たちは、おいしいごはんに大喜び。鹿児島支部の池田さんに写真を撮って!撮って!と。

まだ低学年の子供たちが、写真に写りたいのか、香川からの宮武、森と一緒にハイ、ポーズ!

和歌山支部の岡田、新田が各テーブルへ水を配るウォーターガールになってまわっていました。

現地コーディネーター、ハウさんも一緒にみんなにボランティア。

タイ、バンコクにある「ムラニチ ミタパブソンクロック」という女性専用の高齢者施設の前で。

みんなで入所者に果物をプレゼント。

スタディツアー概要

主催/企画 : 株式会社エリス

日時/場所 : 平成23年1月28日、29日/タイ・バンコク

参加者 :(株)エリス社長夫妻(主催者) / 日本ホームヘルパー協会 和歌山支部会長 岡田夫妻、朝本さん、中谷さん、新田さん / 同協会 三重支部会長 小室さん / 同協会 鹿児島支部 池田さん / 同協会 香川支部 ワン・ハート 森さん / エリス養成講座 藤保講師

ぶーふーうー たろうくんのおうち しまじろー さくら ももたろうハウス らんたろー しま ゆめ